MATLAB Answers

グラブス検定の設定に関して

4 views (last 30 days)
kazuhiko takabatake
kazuhiko takabatake on 21 Nov 2019
Edited: michio on 22 Nov 2019
filloutliersの関数を用いて外れ値除去をおこなっています。
その際に下記のfindmethod の部分に'grubbs'を指定してグラブス検定を行いました。
B = filloutliers(A,fillmethod,findmethod)
一般的にはグラブス検定は検定表の中から、指定する個数nと有意水準αに対応した値を用いて外れ値を判定しています。
しかし、ながらMATLABのパラメーター設定の説明に関しては下記のように記載されていました。
'grubbs' および 'gesd' メソッドでは、検出しきい値の係数は 0 ~ 1 の範囲のスカラーです。値が 0 に近くなると外れ値の数は少なくなり、値が 1 に近くなると外れ値の数が多くなります。既定の検出しきい値の係数は 0.5 です。
ここにある規定のしきい値の0.5は一般的な有意水準のα=0.05に相当するものなのか、あるいは別の基準で規定されているのかが分かりませんでした。
グラブス検定の係数に関して、ご存じの方がいましたら、教えていただけないでしょうか。

  0 Comments

Sign in to comment.

Accepted Answer

michio
michio on 22 Nov 2019
Edited: michio on 22 Nov 2019
一般的な有意水準と考えてください。これはドキュメンテーションの記載ミスであり 0.05 が実際に既定値となっています。担当チームに伝えます。
参考まで R2019b ですと
edit filloutliers
で開くコードの L: 359 に 0.05 を既定値として設定する箇所があります。ご指摘ありがとうございます。

  0 Comments

Sign in to comment.

More Answers (0)

Sign in to answer this question.